RSS|全記事|管理

なんでクマなのか

2010.05.03 Mon 18:53
クマって
実際に出会ったら
全力で逃げたくなるぐらい怖いと思うんですよ。

クマと出会って
「あ、クマだ!かわいー!」
って言って
近寄ってなでようとしたら
殺されると思うんです。

クマって
そういうもんじゃないですか。

山で遭遇したら
死が脳裏によぎるぐらいの
凶悪モンスターじゃないですか。

じゃあ何なの?
テディベアって。

どうしてそんな凶悪モンスターを
ぬいぐるみにして、愛でるようになってしまったの?

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けたが、獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の一発を大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神に悖る」として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者によって新聞に掲載され、このエピソードに因んで翌年バーモント州のおもちゃメーカーが熊のぬいぐるみにルーズベルト大統領の通称である「テディ」と名付けて発売した。その頃ドイツのマルガレーテ・シュタイフの熊の縫いぐるみが大量にアメリカに輸入され、この名前が広まった。
  ――wikipediaより



ということらしいです。

つまり
ルーズベルト大統領がクマを撃たなかったおかげで
こんな凶悪モンスターが愛でられるようになったわけです。

そのおかげで
「リラックマ」とか
「クマのプーさん」とか
クマのくせにやけにかわいいキャラクターが
誕生しちゃってるわけですよ。

みんなおかしいんです。
クマって凶悪な動物なのに
多くの人の脳では
「クマ=かわいい」
という等式が成り立ってしまっているわけですよ。

もう、「クマ=かわいい」っていう等式が
脳内で出来上がってる人にとって
この話は意味のわからないものとなっているでしょうから
違うものにたとえて話しますよ。

出会ってしまうと逃げなければヤバい
そういう共通の認識を持っている凶悪な何か。
「殺人鬼」
これでたとえましょう。

まず、殺人鬼のぬいぐるみ。
テディベアーならぬ、テディキラーです。

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である殺人鬼狩りに出掛けたが、獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた殺人鬼(一説には傷を負った子殺人鬼)を追いつめて最後の一発を大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の殺人鬼を撃つのはスポーツマン精神に悖る」として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者によって新聞に掲載され、このエピソードに因んで翌年バーモント州のおもちゃメーカーが殺人鬼のぬいぐるみにルーズベルト大統領の通称である「テディ」と名付けて発売した。その頃ドイツのマルガレーテ・シュタイフの殺人鬼の縫いぐるみが大量にアメリカに輸入され、この名前が広まった。
  ――wikipedia(悪質な改ざん)より



ほら、ヤバい話になってるじゃないですか。
殺人鬼を追い詰めるハンターって何者だよ。
殺人鬼狩りを趣味にしてるルーズベルト大統領って何者だよ。

殺人鬼のぬいぐるみを発端として
「リラック殺人鬼」
「殺人鬼のプーさん」
とか、殺人鬼をモデルにしたキャラクターが誕生します。

「リラック殺人鬼」…。
それは、リラックスした殺人鬼…。

いくら殺人鬼がリラックスしてても
近づきたくないですよね…。
気が変わって、殺されるかもしれない…。

「殺人鬼のプーさん」
殺人鬼に"プー"なんて名前つけても
かわいくないです。
しまいには
「人肉食べたいな」
とかつぶやくんでしょ。

恐ろしすぎるよ!


ね、これで
殺人鬼をぬいぐるみにする恐ろしさがわかったでしょう。

だから今後は、殺人鬼を愛でるなんてことは
やめてくださいね。

あれ?
私は何の話をしていたんだ?

スポンサーサイト
カテゴリ[] | Comment(2)| top↑ |

地味に賑わう地味観光地

2010.05.03 Mon 17:11
ゴーノレデンウィークなので
私の故郷も、観光客で賑わっています。

しかし
地元に住んでいる私は
この篠山が、がっかり観光地なんじゃないかと思っています。

だって、なんもないんだもん。

黒豆とかしし肉が有名らしいですけど
私も食ったことないし。
うまいのか?

うろうろしてる観光客を見ると
しょうもないところに来てしまったなぁ
って思ってるだろうなって思ってしまいます。

まあ、普段殺伐としている田舎が
観光客で賑わうのは
地元民の私としてはうれしいことですけどねー。

こんな記事を
前にも書いたような気がするけど
気にしない。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

パソコンがやばい

2010.05.03 Mon 16:58
妹のパソコンがやばいですね。

FUJITSUのロゴの画面でとまります。

調べてみると、これって
HDDの寿命らしいです。

電源を抜いて、
しばらくしてから起動させると
なんとか起動したんですが
もう怖くて電源を落とせません。
常にスリープモード。

お父ちゃんに相談したら
5年間は保障がきくから
修理にだせるでっていうので(でっていう)
ちょっと驚きました。

パソコンってそんなに保障長いんですねー。

まあ
修理に出すのは

私が帰ってからにしてほしいもんですけどね。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |