RSS|全記事|管理

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ[スポンサー広告] | Comment(-)| top↑ |

15分

2011.01.30 Sun 23:43
もうすぐフルマラソンだというのに
また去年と同じように、走ることをサボっています。

さすがにまた完走できない ってことになると
本当に、私は人間としてどうにかしていると思われるので
今日走りました。

2kmほど走りました。
時間にすると、15分かからないぐらいです。

しかしどうでしょう。
15分も走っていないというのに
すごくしんどい。

このしんどさ、一体どのように表現したらいいのか。
頭が、かき氷を一気食いしたときのようにジンジンと痛み
喉は酸素をたくさん取り入れようとして疲労し
手は寒さで動かない。

15分。
日常だと、適当に過ごしてたらあっさり過ぎてしまう時間。

なのに!
走っている時はとーーーーっても辛い。

毎日15分走るだけ。

これが私にとって、ものすごーーーーーく辛い。

改めて、私は長距離走に向いていないことを実感します。
本番は、5時間30分走り続けなければならないわけで。

・・・22倍。

嫌がってる場合じゃないな・・・。

スポンサーサイト
カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

カブリ

2011.01.30 Sun 23:11
就職活動時期と、期末試験の時期が丸かぶりしています。

これほど過酷なことってあるでしょうか。

人が、就職できるかなぁと苦しんでいるときに
卒業をかけた期末試験が始まるんです。

いろいろと、システムがおかしい。
狂っている。

・・・狂っている。

しかしこんなところで嘆いていても
どちらかが引っ込んでくれるわけでもなく。
この地獄の期間を生き抜かなければならないわけです。

私がウサギなら、ストレスで死んでいるところです。

ももんがでよかった。

ほんとによかった・・・。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

私が偉そうな記事を書くワケ

2011.01.30 Sun 20:43
私はよく
「これは違うだろ!」
って、偉そうな記事を書きます。

こういう記事って、同感を得られればいいんですが
同感を得られなければ、反感を買ってしまいます。

たとえたくさんの人の同感を得られたとしても
それに反対する人も少なからずいるわけで
物事を批判するような記事は、敵を作ってしまいがちです。

私は人に嫌われるのが好きじゃないので
あまり敵は作りたくないです。

でも偉そうな記事を書きます。

表向きの理由としては
「飾らないありのままの自分として記事を書きたいから」
という、カッコイイ感じの理由です。

本心は、
みんなに好かれるような記事ばかり書くのがめんどくさい。
って理由です。

だから、自分の言いたいことを言ってます。

不快な思いをしている方はごめんなさい。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

オナ禁伝説

2011.01.29 Sat 20:01
豆乳飲むとイケメンになるかもしれないらしいよ カナ速

このスレを立てた人が
どうやらオナ禁信者らしいです。

オナ禁をすることで
イケメンになるし、モテモテになるという
しょうもない迷信を信じているそうです。

人間の三大欲求である、
食欲・睡眠欲・性欲のうちの1つを無理矢理封じ込めることで
健康的で自信に満ちあふれた生活ができるそうです。

私もそれを信じて
過去に1ヶ月間オナ禁をしたことがありますが
何も変わりませんでした。

むしろ
性欲が高まりすぎてヤバい状況でした。
また、それを解消することができないので
逆にストレスが溜まりました。

自分に自信をつけるという意味では
オナ禁の効果を信じてオナ禁をすることは意味があるかもしれません。
いわゆる、偽薬効果というやつです。
たとえそれが効果のない行為だとしても
効果があると信じて行えば、効果が出てくるものです。

オナ禁信者は、疑うことを知らず
「いい効果があるんだ」と信じ切っているため
オナ禁によりプラスの恩恵を受けているのでしょう。

まさに、「信じる者は救われる」というヤツです。

そんなことするよりも、もっと確実な方法があります。

それは、外見から変えていくことです。
上のスレに書かれていることは、オナ禁以外は的を射ていると思います。
髪型を変えたり、ファッションに気を遣ったり
健康的な生活をしていれば
イケメンじゃなくてもそれなりにかっこよく見えます。
そうやって変わっていくことで
自分に自信がつきます。

自分に自信がつけば、性格も外向的になれます。
道行く女の人に声をかけたりもできるようになります。

イケメンは、イケメンであるが故に
自分に自信を持っています。
だからモテるんです。

ブサメンはまず、卑屈にならずに
自信を持てる自分を作っていくことが大切です。

オナ禁は、健康によくないと思います。
確かに、オナ禁をすることで自信はつくかも知れませんが
オナ禁で得た自信は、オナ禁でしか手に入りません。
オナニーをしてしまえばそこで自信は消失してしまいます。
そうなると、オナ禁でまた自信を付けなければならないと考えてしまい
オナ禁依存になってしまうのではないでしょうか。

だからモテたい人は
自分に自信をつける他の方法を探したほうがいいのではないかと。


以上、非モテの私からの忠告でした。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

品薄商法

2011.01.29 Sat 00:43
ファミリーマートから1月25日に発売されている
「俺のエクレア」の品薄状態が続いているようで。

私も近くのファミマで買おうとしていたのですが
全部売り切れでした。

相変わらずの品薄商法で
私としては非常に憤慨しておる次第でございます。

ちなみに品薄商法というのは
商品の出荷数をあえて少なくして
「常に売り切れで、生産が間に合ってないんだよ~?
 すごいでしょ~? この商品大人気でしょ~?」
って、商品の価値をわざと上げる姑息な手段です。

この品薄商法、
私としてはあまり効果的ではないんじゃないかなぁと思います。

というのも
「今食べたい」という状況で売っていなければ
その気持ちが薄れていくのではないかと思うからです。

例えば、桃屋(だっけ?)から発売されている「食べるラー油」
今となっては、どうでもよくなっています。
結局、食べずじまい。

俺のエクレアだって
数週間後にはどうでもよくなっているでしょう。

そんなんでいいんでしょうか。

私はよくないと思います。

興味を持った人たちが
それを食べずに諦める。
そんなんでその商品が評価されますかね。

おいしい食べ物っていうのは、リピーターを増やしてなんぼなのではないでしょうか。
品薄商法は、ただ話題を高めるだけで
リピーターを増やす方法としては最悪の商法に思います。
諦めて食べずに終わる人がいるからです。

味で勝負したいなら姑息な手段使わずに
正々堂々販売しろやゴルァ!!
って感じです。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

脳力系ゲーム

2011.01.29 Sat 00:00
タッチ・デ・ズノー
脳力系ゲーム

数字を1から順番に押していくゲームです。
なんか、周辺視野が鍛えられそうなゲームですね。
単純ですが、ハマります。
音も可愛いです。

能力スコア

私のスコアはこんな感じです。
最初は、23とかが限界でしたが
やっていく内に、スコアが上がっていきました。

たぶんこれ、周辺視野が鍛えられたというよりも
数字の形を覚えてしまったのかもしれません。
例えば「23」という数字の形を覚えれば
しっかりと数字を確認しなくても、分かるようになります。
たぶん。
だから、何度もやれば慣れてきて
スコアは上がると思います。

あ、それと
このゲームの「能力指数」というのは
押せた数で算出するわけではなく、
押せた数とプレイ回数で決まるようです。
ただ、プレイ回数はクッキーを利用したものではないので
ページを更新すれば0に戻ります。
良い結果を残したければ、ページを更新しろってことです。
なんか、もう押せた数をそのまま出してくれたらいいのにって思いますね。

能力タイム

ちなみにタイムアタックはこんな感じです。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

腐敗の理論

2011.01.28 Fri 12:39
あまり大きくない会社がある

その業界でやっていきたい本気モードの人が集まってすごい商品を作る

それを聞きつけてその業界で生きていく気まんまん&やりたいこと爆発状態の社員が集う

優秀な人材がいるのでさらにすごい商品ができる

会社がどんどん大きくなって大手になる

あの業界といったらこの会社、という風に一般人も知るようになる

有名大学の安定志向の連中が、とりあえず安定したいからって理由で志望してくる

本当にその業務に興味のある社員の割合がだんだん減っていく

過去にすがってどうにかブランドで生きていこうとする(会社の終わり)

以上、2chのコピペです。

まさにこの通りだと思います。
大企業と云われる有名企業を志望する人は
安定を求める人が多いです。

その企業が大企業になったのは
安定を求める人が集まったからではありません。

「この企業で大成功してやる!!」
という意気込みを込めた人たちが集まったから
今の大企業があるのです。

でもまあ、大企業があっさりと腐敗していくかというと
そうもならないのではないかと思います。

大企業にもなってくると、就職の難易度も上がってきます。
中小企業に比べれば、有能な人材が集まると思います。
たとえ安定を求めている人が多いとしても
その中には、上の理論で云われる「本気モード」の人もいるはずです。
いわゆる、数責めですね。
たくさん人材がいるので、有能な人材もいっぱい見つかるでしょうということです。

私は大企業に行けるような知能はないので
中小に入って、その企業を大企業にしたいと思います。

え、それこそ能力が必要だって?

知らん。

カテゴリ[] | Comment(2)| top↑ |

イチブトゼンブ

2011.01.27 Thu 23:55
大学生「為替」を「ためがえ」と読み5+3×2=16と答える 3000円の商品、600円引きで販売。割引率は? カナ速

こういうの見ていると毎回思うんですけど
一部のそういう人たちを取り上げて
「みんなそうだ」的な書き方ってすごい迷惑です。

一時期、
「ゆとり世代は円周率を3と教えられている」
みたいなネタあったじゃないですか。
「ゆとり世代ってバカだな~」
ってなるじゃないですか。

一部のバカを取り上げて
その世代はみんなバカみたいに言われるのは
同じ世代として非常に迷惑なのです。

結局、そういう伝え方のおかげで
「最近の若者は・・・」
っていう、若者差別が絶えないんですよ。

私はゆとり世代ですが
円周率は3.14と習いましたし(一応自主的にはそれ以上覚えたし)
為替は「かわせ」と読むし、5+3*2=11と分かるし
3000円の商品の600円引きは2割引って分かります。
というか、分からない人の方が珍しいでしょうね。

こういうのって、若者を対象にしたものが非常に多いですよね。
まるで「若者はバカだ」と決めつけたいがための行為のように思います。

よく考えれば、若者をバカにしているおっさん世代にも
バカはたくさんいます。
バカなのに偉そうだから質が悪いですね。

恐らく、バカにされたくないバカなおっさんが
若者たちの中のバカを取り上げてバカにして
優越感に浸りたいがための行為なのでしょうね。
バカっぽいですね。
もう、バカはバカ同士争っていて欲しいです。
私たちを巻き込まないで欲しい。

あ、なんかバカばっかの記事になりましたが
私、"バカ"という言葉はあまり好きじゃないです。
バカって、すごく他人を見下してる感じがありますよね。
「お前バカだろ、それはなんちゃらかんちゃらで・・・」
っていう、とりあえず相手をバカにして反論する行為を見ると
カッチーンときます。
バカとか言うヤツがバカなんだよ!

なんかバカがゲシュタルト崩壊した。

とにかくねー
みんなバカなんだから仲良くしたらええねん。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

料理できる

2011.01.27 Thu 22:30
「料理は得意やでー」
と、普段料理をしない人に限ってよく言います。

気まぐれで、レシピを見ながら作って
美味しく作れたら
それは彼らにとって
「得意料理」となるのです。

その上、得意料理があるということが
「料理が得意」というステータスに繋がると思っているようです。

勘違いしないでもらいたいですね。
料理なんて、レシピさえ見れば誰だって美味しく作れるんですから。
特に自分で作った料理なんかは
"苦労"というスパイスが合わさって、余計に美味しく感じるわけです。
たぶん、他の人が食べれば
「あ、普通」
程度だと思います。
ただ、他人はせっかく作ってくれた料理にそんなことを言うのは失礼と考えるので
「おいしいね~」
と、お世辞を言うんです。
これはまた、自称料理上手を世に蔓延させてしまう原因になっているのでしょうね。

まあ、私なんかは
レシピ通り作ってもマズくなるので
偉そうなことは言えないですけどね。

ただね、一人暮らしで自炊をしていたら
嫌でも実感せざるを得ないです。
料理の難しさというものを。

切り方、使い方、入れるタイミング。
下準備、味付け、出すタイミング。
不具合を解消するための小さな工夫。

材料によって、かなりの手法があるわけです。

なぜ、片栗粉は水で溶くのか
なぜ、パスタを茹でる前にオリーブオイルをお湯に入れるといいのか
なぜ、味噌は最後の方に入れるのか
なぜ、トンカツは下準備として筋切りをしたほうがいいのか。
私は料理について調べる度に
こういった疑問にぶち当たり、理由を探るわけです。
または、失敗して学ぶわけです。

自称料理上手は、こういう知識を持っているのでしょうか。
たくさん失敗をしたことがあるのでしょうか。
本当に料理が上手な人は
こんな知識は当然。
恐らく私の数十倍、数百倍の知識を持っているはずなのです。
そして、たくさん失敗も重ねているはずなのです。
それでこそ、料理が得意と言えるラインだと思います。

1,2品の付け焼き刃料理ができるだけで
「料理が得意」だなんて
たくさん失敗して、たくさん学んだ
本当に料理が得意な人に失礼です。

自称料理上手は料理上手に謝れ!

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

ペニーオークション

2011.01.26 Wed 23:50
最近話題になっている、「ペニーオークション」
以前このブログでは
「ヤスオク」というペニーオークション型のサイトを紹介させてもらいましたが
いろいろと問題になっている様子です。

何が問題になっているのかというと
「bot」や「サクラ」が存在している可能性があるということです。

botというのは、いわゆるロボットのことです。
サクラは、運営者側が雇っている偽ユーザのことです。

どちらも、運営者の味方となり
利用者の入札を防衛します。

つまり、利用者が入札したら
botやサクラが入札。
利用者が諦めるまで入札し続ければ
商品を利用者が落札できることはありません。

運営者は商品を用意しなくても
オークションを運営できるということです。

悪質な詐欺ですよこれは。

ってことで、こんなに怪しいオークションなんて
みんな無視して運営者を潰せばいいんです。
サーバ代やら人件費とかで
かなり運営側もお金を使っていると思いますから
カモがいないと相当痛手を負うのではないでしょうか。

カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。