RSS|全記事|管理

道路のシミ

2010.05.27 Thu 23:00
昔、道路にある丸っこいシミについて疑問を持ったことがあります。
よくありますよね
道路にいっぱいある、黒いシミ。

あれ、ガムだと思っていたんです。
昔は。

でも、ガムにしてはかなりの量じゃないですか。
道の至る所に、ガムを吐き捨てている人がいると
そういうことになるはずです。

ありえない。
たぶん、ガムじゃない他の原因なんじゃないかと思って
私が立てた仮説は

「鳥のフン」

だったんです。

それなら納得。
鳥のフンの中に含まれている
なんかよくない物質がああやって地面に残ってるんだ。
そう思って勝手に納得してたんですが

今日、ネットで調べて、真相にたどり着きました。

あれ、

ガムです。

…。
いや、実はまだ信じられません。
日本人、ガム捨てすぎだろ。

というか
どんだけガムを噛んでいるんだって。

でもさ
ガムにしては、分散しすぎな気がするんですよ。
普通、ゴミを捨てるときなんかは
溝とか、草の中に捨てると思うんです。
でも、そのガムのシミって普通に道路のど真ん中とかにありますよね。
みんなそこまでダイレクトに捨てるんだなぁと思いました。

ということで
道路のシミは、結局のところガムだったんですね。

いやー、信じられない…。
スポンサーサイト


カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |
<<見えざる脅威 | HOME | その場の流れで…>>
名前
メール
URL

[     ]
Trackback URL
http://llllllllil.blog115.fc2.com/tb.php/1530-5c40d012