RSS|全記事|管理

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ[スポンサー広告] | Comment(-)| top↑ |

有料の壁

2011.04.19 Tue 18:27
ネット上のソフトウェアの、有料と無料の壁はとても高いです。

例えば
機能は普通で、無料のソフト「ムリョーオ」と
機能はムリョーオよりも良くて、有料のソフト「ユゥリョーオ」があるとしたら
だいたいの人は、ムリョーオを使いますよね。
ユゥリョーオを使う場合って
ムリョーオの機能に不満が出てきたら、ぐらいのタイミングで
重い腰を上げてやっと使う
ぐらいの気持ちですよね。

で、気になるユゥリョーオの値段なのですが
なんと破格の100円!

たった100円で、ムリョーオよりも性能のいいユゥリョーオを使うことができるんだから
最初から100円払ってユゥリョーオを使った方がいいっしょ!!

でも

買わない。

現実での買い物で
このソフトが欲しいと思った人は、ほとんどがユゥリョーオを選ぶでしょう。
100円プラスするだけで、機能がよくなるんですから。

でもネット上だと買わない。

これはたぶん、ユゥリョーオの価格が10円でも一緒だと思います。

何がそこまで
無料と有料の壁を作っているのか。

1つは、手続きの有無だと思います。
ネット上で金銭の取引をする場合
リアルの買い物と違って、実物のお金を取引することができません。
クレジットカード、コンビニ支払い、ウェブマネーなど
何らかの手続きが必要です。
これがめんどくさい!!
一番簡単なのはクレジットカードですが
番号入力とか名前入力とか、それでもめんどくさいんです。
無料ソフトの場合、こんなことしなくても
リンクをポチっと押せばインストール開始。
簡単すぎます。

2つめは、実態のない買い物です。
データというのはそもそも、実態がありません。
普通の買い物や通販ならば、モノを買うことになりますが
データは、手元に残るものではありません。
そんなものにお金を払うっていうのはどういうことなの?
ということになります。

そういうことなので、無料と有料の壁ができてしまっているのではないでしょうか。
たぶん、ソフトウェアの世界では
"無料"というもの自体に、いくらかの価値があるんだと思います。
500円ぐらいかな?
ということは、有料ソフトウェアを売るためには
基本価格+500円以上の価値がないと難しいってことです。
たとえ100円で販売したとしても
そのソフトに600円以上の価値がないと
みんな、無料を選ぶんだと思います。

いつか、画面の中から従業員が出てきて
「300円になりまーす」
とか言って、300円渡せる時代がくるといいなー。
スポンサーサイト


カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |
<<危機回避能力 | HOME | シュールな笑い>>
名前
メール
URL

[     ]
Trackback URL
http://llllllllil.blog115.fc2.com/tb.php/2035-9623de5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。