RSS|全記事|管理

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ[スポンサー広告] | Comment(-)| top↑ |

ぎっちょ

2011.05.08 Sun 21:13
高校の時
両利きに憧れて、利き手とは逆の左手を
普段の生活で使っていたことがありました。

歯磨きの時、
ご飯のお箸、
ノートに文字を書くときなどに
左手を使っていました。

左手を使うということは
右脳を活性化させるので
なんだかんだで有効なんですよね。

でも、1ヶ月ぐらいでやめました。

理由は、すっごいスローペースになったからです。

ただでさえご飯を食べるのが遅くて
クラスではいつも最後の方まで食べていたのに
左手を使ってご飯を食べていたため
究極に遅くなりました。

右手を使ってご飯を食べていた速度が、ナメクジだとすると
左手を使ってご飯を食べていた速度は、
水を無くしたプランクトンでした。

わざわざ例えたために、余計に伝わりにくくなりました。
まあつまり、私は左手でご飯を食べると、すぐ死ぬんです。

ノートに文字を書くのも大変でしたね。
遅いし、ミミズが這ったような文字になるし。

右手を使って書いていた速度が、ピューマだとすると
左手を使って書いていた速度は、
ミミズでした。

なんの捻りもねえ!!

いやむしろ、右手の時の速度、速すぎなんじゃない?
ピューマのように軽やかに、素早く
そして、美しく文字を書けているのか私は?

証拠を見せてあげたいところなんですが
あいにく、紙とペンがないんですよね。
カメラはあるのに。

カメラはあるのになー。

紙とペンがなー。
スポンサーサイト


カテゴリ[] | Comment(0)| top↑ |
<<指ずる | HOME | これで私も不思議ちゃん>>
名前
メール
URL

[     ]
Trackback URL
http://llllllllil.blog115.fc2.com/tb.php/2056-ff311d1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。